課題番号:共-5
 
廃炉プロセス共通項目
検討対象標準化

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 廃炉作業に係る考え方や技術、装置を標準化したい

望ましい状態とその理由

福島第一原子力発電所内の状況は一様ではなく、状況や対象に応じた個別の対応が必要となるが、全ての作業を状況や対象に応じて行う場合、時間・コスト被ばく量・廃棄物量の観点で合理的ではなく、一定の標準化を行うことが望まれる。ための基盤的情報として関連する課題を洗い出し、各課題の関係性を整理し、構造化しておくことが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

標準化を行うことで、時間・コスト・被ばく量・廃棄物量の観点で合理化できる箇所の洗い出しを行う必要がある。
上記の標準化を行う上で、必要な情報・データを取得・集約する必要がある。また、そのための情報プラットフォームを構築することが望まれる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

資料