課題番号:汚染水-302
段階:Action
廃炉プロセス汚染水対策
検討対象水処理
課題α核種や難測定核種の測定

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 62核種全てを測定したい、効率化したい
時間軸:汚染水対策中期

望ましい状態とその理由

正確性の向上、過度な保守性の排除のためには、ALPS処理水に対して62核種について全てを測定できることが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

ALPS処理水に対して、現状では62核種全てを測定している訳ではなく、同位体の存在比等に基づき評価で定量している核種、全αで包絡させている核種が存在する。特に、そのような核種について保守的な評価ではなく実際に測定することで、正確性を一層向上させることができる。
測定の短時間化も課題となっている。特に、Cd-113やNi-63のような難測定核種は、測定に2ヶ月程度かかっており、目標として2週間程度で運用できると良い。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし
② 水中のα核種モニタリング
時間軸:汚染水対策中期

望ましい状態とその理由

水処理工程において、できるだけ下流にα核種が入ることを避けることが望ましく、そのためには水中におけるα核種モニタリング技術が開発されることが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

現状では、水を採取してα核種を分析している。仮に、水中のα核種濃度の傾向をモニタリングできた場合、下流域への影響を把握することができ系統の信頼性を上げることができる。そのためには、特に、α核種について連続監視を行い、測定数値が上がってきたらアラートを出せる様なモニターが必要となる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料