課題番号:解体-102
段階:Preparation
廃炉プロセスPCV/RPV/建屋の解体
検討対象現状把握
課題解体対象物の性状・物量の把握

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 解体物の性状、解体物の量を把握したい。

望ましい状態とその理由

解体廃棄物として、どの様な性状の廃棄物がどの程度の量発生するのかを把握することが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

どのような方法・手順で解体を実施するか検討されていない。また、解体方法・手順は炉内・建屋内の汚染状況に大きく影響を受けるため、現時点では解体物の性状・量には大きな不確かさが伴う。
課題番号:解体101と一体となった解決が望まれる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

課題解決型廃炉研究プログラム・一般溶脱による変質を考慮した汚染コンクリート廃棄物の合理的処理・処分の検討

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料