課題番号:解体-202
段階:Design
廃炉プロセスPCV/RPV/建屋の解体
検討対象解体廃棄物分別基準
課題αβγ分別基準の設定

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 廃棄物を合理的に分別したい。

望ましい状態とその理由

PCV/RPV/建屋の解体によって、処理・処分すべき廃棄物の種類と物量が影響を受ける。そのため、処理・処分を見越したPCV/RPV/建屋の解体方法、特に廃棄物を分類する際の考え方・基準を合理化することが望まれる。(より手厚い処理・処分を要する廃棄物量を低減し、より簡便な処理・処分で対応可能な廃棄物量を相対的に増やす方策が望まれる)。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

課題番号:解体101の成果に基づき、処分方法の検討も踏まえつつPCV/RPV/建屋のαβγ分別基準を検討する必要がある。
処理・処分側から、PCV/RPV/建屋の解体側に要件や要求事項、留意事項が示されることが望まれる。
また、合理化された考え方・基準に対応した測定方法・分別方法等の整備・開発が望まれる。
発生する建屋廃棄物表面のα、β、γ汚染に応じた計測方法および精度が各々望まれる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

廃炉・汚染水対策事業固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発(保管管理、処理・処分概念の構築と安全評価手法の開発、性状把握の効率化、研究開発成果の統合) [1] [2]

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料