課題番号:解体-203
段階:Design
廃炉プロセスPCV/RPV/建屋の解体
検討対象解体シナリオ
課題解体シナリオ・分別戦略の策定

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 解体シナリオを構築し、廃棄物の分別戦略を策定したい。

望ましい状態とその理由

PCV/RPV/建屋をどの様な順でどの様な方法によって解体するかの解体シナリオを構築することが望まれる。
解体シナリオに基づき、廃棄物の分別戦略が策定されることが望まれる。
さらに、廃棄物の分別戦略は解体シナリオにフィードバックされることが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

現時点ではデブリ取り出しに注力されているため、全体的な解体作業の検討がされていない。解体シナリオの大枠については一部において検討されているが、具体化はされていない。ベースケースとして、より具体的な解体シナリオを検討した上で、複数のオプションを策定することが望まれる。
廃棄物の分別戦略は、課題番号:解体101、解体202、解体205、処101、処102、処301と緊密に連携しながら検討することが望まれる。
特に、建屋解体廃棄物は、特に何も対策しなければ大半が放射性廃棄物になると考えられる。その場合、廃棄場が不足する可能性があるため、廃棄物の減少技術・戦略が必要であり、クリアランスを念頭においた解体廃棄物の取扱いが必要となる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

課題解決型廃炉研究プログラム・一般溶脱による変質を考慮した汚染コンクリート廃棄物の合理的処理・処分の検討

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料