課題番号:解体-204
段階:Design
廃炉プロセスPCV/RPV/建屋の解体
検討対象解体シナリオ
課題作業シーケンスの設定

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 解体の作業シーケンスを設定したい。

望ましい状態とその理由

解体シナリオおよび廃棄物の分別戦略に基づき、具体的な解体作業シーケンスが設定されることが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

解体シナリオの大枠については一部で検討されているが、現時点ではデブリ取り出しに注力されているため、全体的な解体作業の検討がされていない。ベースケースとして、より具体的な解体シナリオを検討する必要がある。
課題番号:解体203の検討が一定程度進まない限り、検討することは難しい。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料