課題番号:解体-301
段階:Action
廃炉プロセスPCV/RPV/建屋の解体
検討対象解体
課題炉内構造物の撤去、建屋の解体

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 解体時の工法・システムを確立したい

望ましい状態とその理由

炉内構造物の撤去時には、比較的高い放射能を有していると考えられ、建屋外に放射性ダストが漏れない様、ダスト発生元を十分理解した上で対策を行う必要がある。
解体時におけるコンクリートおよび構造物からの汚染物の剥離、分離、再拡散挙動を把握していることが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

現時点ではデブリ取り出しに注力されているため、全体的な解体作業の検討がされていない。
炉内の汚染状況に大きく影響を受けるが、現時点では詳細な汚染状況が不明である。
課題番号:解体205の成果に基づき、除染が難しい部分も考慮した解体工法・システムを検討する必要がある。
廃棄物を分別するための、技術的な課題を明確にする必要がある。
効率的かつ迅速に解体するためには、ある程度の規模での一体取出し(例えばRPVをそのまま切り出して搬出する、等)も考えられるため、そのための工法・システムの検討が望まれる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし
② 解体時のダスト対策を立て、解体時のモニタリングを高度化したい

望ましい状態とその理由

解体を効率化するために、モニタリング手法を高度化することが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

現時点では燃料デブリ取り出し後の炉内汚染状況、建屋などの構造物の解体方法・手順が不明であるため、どのようなダストがどの程度発生するか想定が難しい
課題番号:解体203および解体204の成果に基づき、詳細な建屋解体工程を考慮した上で具体化する必要がある。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

廃炉・汚染水対策事業燃料デブリ・炉内構造物の取り出しに向けた技術の開発(燃料デブリのダスト集塵システムの技術開発)

検討されている研究課題

課題リストダスト対策

関連する課題

資料