課題番号:処-102
段階:Preparation
廃炉プロセス処理・処分・環境回復(燃料に由来するα核種が含まれる廃棄物含む)
検討対象キャラクタリゼーション②
課題廃棄物戦略

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 性状把握結果を踏まえて下流(輸送、保管、貯蔵、処理、処分)を合理化したい。

望ましい状態とその理由

性状把握結果を踏まえ、輸送、保管、貯蔵、処理、処分の方法を合理化するフィードバックをかけられることが望まれる。この際、個々の廃棄物の性状だけではなく、1F廃炉により発生する全ての廃棄物を勘案した全体的な合理化が望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

輸送、保管、貯蔵、処理、処分にフィードバックがかけられるよう、性状把握結果や各工程での要求事項の情報共有が円滑に行える体制の構築が必要である。
性状を把握した廃棄物の性状ごとに、輸送、保管、貯蔵における容器の仕様や処理・処分における方法における要求事項を整理する必要がある。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

廃炉・汚染水対策事業固体廃棄物の処理・処分に関する研究開発(研究開発成果の統合:廃棄物ストリーム) [1] [2]

検討されている研究課題

課題リスト総合的リスク評価手法
課題リスト熱変質コンクリートの管理シナリオ
② 性状把握結果を踏まえて上流(取り出し、解体、分別等)を合理化したい。

望ましい状態とその理由

性状把握結果を踏まえ、輸送、保管、貯蔵、処理、処分を検討した上で、取り出しや解体、分別の方法を合理化するフィードバックをかけられることが望まれる。この際、個々の廃棄物の性状だけではなく、1F廃炉により発生する全ての廃棄物を勘案した全体的な合理化が望まれる。
取り出しや解体、分別の方法を合理化するフィードバックについては、クリアランスを念頭に置いたシナリオ検討や測定方法の確立を踏まえた検討が望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

燃料デブリ取り出しや解体、分別の方法によって発生する廃棄物の性状は異なってくると思われるので、それらの性状を把握する必要がある。
また、燃料デブリ取り出しや解体、分別の方法によって発生する廃棄物の性状を把握した上で、各廃棄物の下流(輸送、保管、貯蔵、処理、処分)にかかるコストや作業を合理的に判断して、燃料デブリ取り出しや解体の工法やシステムにフィードバックをかける必要がある。
例えば、水処理二次廃棄物の処理・処分側から、燃料デブリ取り出し側に要件や要求事項、留意事項が示されることが望まれる。
また、コストの観点からは、処理実績があり(水処理二次廃棄物の性状把握が容易な/処理が容易な)、かつ安価な水処理技術が望まれる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料