課題番号:輸保貯-103
段階:Preparation
廃炉プロセス輸送・保管・貯蔵(燃料に由来するα核種が含まれる廃棄物含む)
検討対象キャラクタリゼーション①
課題計量管理

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 燃料デブリや核燃料物質に対する合理的な計量管理方策を立てたい。

望ましい状態とその理由

燃料デブリに対して通常の計量管理手法を適用することができないため、過去の類似事故の事例を参考にしながら燃料デブリに適した計量管理手法を整備することが望まれる。
燃料デブリや廃棄物の管理・処理・処分に関する法制化に向けたガイドラインなどが整備され、情報発信などにも繋がっていくことが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

燃料デブリや核燃料物質、水処理二次廃棄物の全量を分析することは現実的でないため、サンプリング結果から全体のインベントリ等を推定するモデルや方策が必要である。
低濃度の廃棄物に対しても、分析や推定を行いインベントリ等を把握し、その値に応じて計量管理の対象とすべきか否かの判断を行う必要がある。
実際の計量時の作業被ばくが重要となるので、作業時の安全性やコスト等を合理的に判断して方策を立てる必要がある。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

課題リスト合理的な核物質管理方策の検討
課題リスト保障措置方策の検討

関連する課題

資料