課題番号:汚染水-101
段階:Preparation
廃炉プロセス汚染水対策
検討対象現状把握
課題汚染源の現状把握

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 汚染源の現状を把握したい。
時間軸:汚染水対策短期

望ましい状態とその理由

汚染源を取り除くためには、汚染源の現状を把握することが望まれる。
汚染源としては、建屋内滞留水以外にも、過去に建屋周辺土壌中に漏れ出た汚染水も対象となる。
原子炉建屋をドライアップするにあたり、水中の干渉物を把握できることが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

建屋内滞留水の性状(核種量含む)を把握する必要がある。
建屋周辺土壌中に漏れ出た核種量を正確に把握するため、継続的なモニタリングや評価技術が必要である。
特に、水中の干渉物を把握するにあたっては、真っ暗な水中で干渉物を把握しなければならないという困難性があり、超音波技術等により検知する必要がある。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

R3年度英知中赤外レーザー分光によるトリチウム水連続モニタリング手法の開発

検討されている研究課題

関連する課題

資料

関連サイト