課題番号:デブリ-204
段階:Design
廃炉プロセス燃料デブリ取り出し
検討対象作業環境の向上
課題境界線量評価

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 敷地境界線量を評価したい

望ましい状態とその理由

燃料デブリ取り出しに伴い、敷地境界線量が増加することが予想されるため、これを適切に評価し、極力低減できることが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

燃料デブリ取り出しを含む、廃炉作業の各段階における状況を精緻に想定し、各段段階における敷地境界線量(直接線、スカイシャイン、ダストの影響)を評価する必要がある。(敷地境界線量の増加が許容範囲を超える場合は、デブリ取り出し工法の見直しや、追加対策が必要となる。もしくは他の要因への対策:例えば保管廃棄物に対する遮へい等の検討が必要となる)。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料

関連サイト