課題番号:デブリ-216
段階:Design
廃炉プロセス燃料デブリ取り出し
検討対象戦略・リスク
課題緊急時対策

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① メンタルな領域を含む環境が作業安全に与える影響を評価したい。

望ましい状態とその理由

作業に従事する者の安全と健康を確保するために、精神面も含めて作業従事者が置かれる環境が、作業安全に与える影響を把握しておくことが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

心理学的側面も含めて、作業員がミスを犯す可能性のある箇所・状況を把握し、適切な対策を行う必要がある。
例えば、単調な繰り返し作業におけるミスの防止、一方で不具合が発生した際の緊張度の高い作業によるストレス等への対応が考えられる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし
② 偶発的な内部被ばく評価、それに伴う健康管理したい。

望ましい状態とその理由

作業員の健康管理を適切に行うために、放射性微粒子を偶発的に摂取しうる等の環境・状況を特定し、人体への影響評価を行うことが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

これまで想定されてこなかった場所において、放射性微粒子を偶発的に摂取しうる環境・状況を洗い出し、必要に応じて対策を行う必要がある。
特に、内部被ばくに係る評価手法の整備が求められる。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

資料

関連サイト