課題番号:SFP-201
段階:Design
廃炉プロセス使用済燃料プールからの燃料取り出し
検討対象放射性物質の閉じ込め
課題放出・漏洩の把握と抑制対策

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 放出・漏洩の抑制対策(気相)を行いたい。

望ましい状態とその理由

使用済燃料プールからの燃料取り出しのためには、構造物解体がれきの撤去が必要となる。この際、ダストが発生することは極力抑制されることが望ましい。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

既に湿式工法による取り出しを実施している。また、2号機や1号機では遠隔操作により重機撤去を実施している。現段階で新たな手法を検討しなければならない課題は存在しない。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

特になし

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料

関連サイト