課題番号:輸保貯-205
段階:Design
廃炉プロセス輸送・保管・貯蔵(燃料に由来するα核種が含まれる廃棄物含む)
検討対象安定状態の維持
課題臨界管理

ニーズ

※「望ましい状態とその理由」内のキーワードから福島原子力事故関連情報アーカイブへリンクしています(別ウィンドウで開きます)。キーワードでの検索となるため表示に時間がかかることがあります。
① 燃料デブリの未臨界状態を維持したい。

望ましい状態とその理由

輸送・保管・貯蔵において燃料デブリの未臨界状態が維持できるよう、臨界シナリオを検討し、モニタリング臨界検知システム等により臨界管理する必要がある。
臨界状態の維持に当たっては、輸送・保管・貯蔵における、未臨界度測定技術、臨界近接監視技術、再臨界検知技術、臨界防止技術等の開発が望まれる。
デブリの臨界管理を実施するために、燃料デブリ中のGd及びBの挙動を把握しておき、体積に関する情報等も含めて総合的に臨界リスクを把握しておくことが望まれる。

理想と現状のギャップ/解決すべき課題

試験的取り出し等の成果による燃料デブリ性状を踏まえ、燃料デブリ取り出し作業・保管等で想定される実運用上での制約条件の観点から、未臨界維持シナリオの現場適用性を検討する必要がある。
臨界に至った場合の評価について、臨界リスクがより高い燃料キャスクの事例なども踏まえながら、評価の必要性及び評価内容を検討する必要がある。

(参考)関連する研究課題

実施されている研究課題

R1年度英知燃料デブリ取出し臨界安全技術の高度化 [資料]

検討されている研究課題

特になし

関連する課題

資料

関連サイト