環境回復研究

CLADSでの環境回復に係る取り組み

CLADSでは、福島県、国立環境研究所と協力して、“ふくしま”の環境回復と住民の早期帰還に役立てるため、積極的に研究開発・支援活動を行っています。
研究開発の成果は、地域の復興に向けた自治体の計画の立案や農林水産業などの再生に向けた取組みに役立つよう、科学的な裏付けに基づいた情報として発信します。

山地森林に残っている放射性物質の水流や風による挙動(動態)について、現地調査や室内実験を行ってデータを取得し、生活圏や海に移動するプロセスを明らかにする研究に取り組んでいます。

陸域、河川、海域など、さまざまな環境に応じた測定技術を開発し、放射性物質の分布や移動に関する調査を行っています。また、家屋の内外など生活環境に近い場所のより詳しい放射線の状況を可視化できるような新たな測定技術の開発に取り組んでいます。

環境回復研究の紹介

  • 包括的評価システムを用いた成果発信
  • 陸水域動態を考慮した被ばく線量の将来予測
  • 森林域における放射性Cs分布及び樹木の放射性Cs濃度の予測
  • 樹木における放射性Csの存在形態に関する研究
  • 有機物分解における放射性Cs移行挙動に関する研究
  • 水中に分散するナノ~マイクロコロイドの高効率な液相捕集と透過型電子顕微鏡(TEM)による金属微粒子同定方法の開発
  • コケバッグを用いた安全、簡便、安価な放射性大気浮遊物質評価手法の確立
  • 特定原子力施設外の土壌を用いた廃棄物中のインベントリ評価
  • 放射性浮遊じんの飛散状況の評価研究
  • 固相分析手法を駆使した表層環境中の核種移行挙動解明と移行モデル高度化
  • 生態系への動態解明のための微量Cs・Sr分析手法の確率
  • 液相分析手法を用いた環境試料中の微量放射性核種濃度分析手法の開発
  • 品質保証下におけるGe半導体検出器を用いた放射能測定
  • 研究成果の発信・情報交流のための基盤整備
  • ホールボディカウンタ(WBC)検査による福島県県民健康調査支援業務
  • 陸上環境での放射性セシウムの沈着状況/経時変化
  • 復興再生拠点における複合的なモニタリングと被ばく評価
  • 海洋環境での放射性セシウムの挙動/経時変化
  • 陸水環境での放射性セシウムの挙動/経時変化
  • 市街地環境での放射性セシウムの挙動/経時変化
  • 原子力防災ツールの開発(陸上編)
  • 原子力防災ツールの開発(海洋編)