廃炉技術研究

CLADSの廃炉技術研究

廃炉作業に向けた「基礎・基盤研究」「応用研究」「実用研究」の研究のうち、CLADSは原子力の課題解決に資する基礎・基盤研究を進めています。

基礎・基盤研究について 基礎・基盤研究について(スマホ用画像)

基礎・基盤研究の全体マップ

「基礎・基盤研究の全体マップ」は、汚染水対策から処理・処分・環境回復までの廃炉全体を俯瞰し、それぞれの廃炉プロセスの中にあるニーズの相関を示すことで、基礎・基盤研究の解決すべき課題を整理しました。
「基礎・基盤研究の全体マップ(詳細版)」は、そのニーズを選択することで「一件一葉」の詳細情報を得ることができます。

1F廃炉プロジェクトを合理的に進めるためには、現在だけでなく将来も見据えて必要と考えられる重要な研究課題を、実施時期と実施方法とあわせて同定する必要があります。そのためまず、プロジェクトのニーズ、研究のシーズのマッチングを検討し、プロジェクト全体を対象として手つかずの重要な研究や埋もれている(気づかれていない)研究課題を掘り起こし、重要な研究課題として提示。これまで進めてきた「廃炉に関する基礎・基盤研究の課題リスト」の更新を進めるとともに、ニーズ、シーズの関係を整理し、上記要求に応えられる「基礎・基盤研究の全体マップ」を作成していきます。

基礎・基盤研究の全体マップ

※ マップをクリックするとマップの詳細を見ることができます 

廃炉技術研究の紹介

  • 光ファイバーを用いた高線量率汚染分布測定法の開発
  • 遠隔操作支援のための環境情報提示技術の開発
  • α線イメージング検出器の開発
  • β線イメージング検出器の開発
  • ダストモニタリングシステムの開発
  • レーザーを用いた遠隔/非接触による材料診断・加工技術
  • BWR特有の炉心融解挙動に着目した実験研究
  • 1F事故進展の解析・評価研究
  • 制御棒ブレードの破損機構の解明
  • 溶融燃料の凝固機構の解明
  • Cs化学吸着モデルの構築
  • 表面化学状態直接測定技術の開発
  • 機器・装置ベースの腐食リスク評価
  • 燃料デブリの経年変化メカニズム等の解明
  • 放射性飛散微粒子の生成・輸送・移行挙動解明
  • 閉じ込め確保戦略と線量評価
  • 格納容器内の線量率分布予測
  • 燃料デブリ容器に適用する非破壊測定技術の開発
  • 水素の挙動評価
  • 水素濃度上昇抑制のための技術開発
  • 廃棄物の含有する放射能(イベントリ)を推定する手法の開発
  • 処理の実績のない廃棄物を安定に固定化できる技術を選定する手法の開発
  • 長期保管見込みの二次廃棄物の性状が変化する様子を推定する手法の検討
  • 放射性廃棄物を処分する実現性を高める為の、処分概念の検討と廃棄物の特徴が処分へ与える影響の把握

福島第一原子力発電所の廃棄物・汚染物に関する情報はこちらをご覧ください。